CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
HRCレースカレンダー
時計
カレンダー
MOBILE
qrcode
MTX80エンジンOH 9
0
    JUGEMテーマ:バイクメンテ

    前回ブラストしたキャブレターを組立てます。
    4個の中よりいいとこ取りをして1個MTX80用に使用します。




    使用した工具




    ガスケットは全て新品使用してプラスのビスはなめやすいのでヘキサゴンボルトに変更

     


    最初のキャブセットは MJ115 SJ42 JN J65C で行ってみようと思います。

    | MTX80 | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    MTX80エンジンOH 8
    0
      JUGEMテーマ:バイクメンテ

      さあ、いよいよクラッチカバーを取付けて完成かと思いきや、やってしまいました。
      キックペダルでクランクを回すとやたら軽い。
      うーん? なぜだ?としばらく考え込む・・・
      原因はR側クランクシールの違いでした。
      自分の思い込みでNSR50のクランクシール組み込んでしまいました。
      クランク径はNSR50もMTX80も共通ですがMTX80はカラーが入りません。
      じゃあNSR50と同じくカラーを入れようと考えたのですがそうすると
      またクランクを割りクランクベアリングを取外さなければなりません。
      それでは手間なのでオイルシールのみ交換することにしました。
      しかし、これまた現状の工具で行おうと思ったらうまくいきません。
      そこでよい工具が無いかと調べましたらありました。
      クランクシールプーラー&インストーラー
      ヤフオクで格安で購入できました。



      新旧Rクランクオイルシール




      こんな感じて無事に挿入完了。
      やはり専用工具での作業は間違いないですね。




      じゃじゃーん
      やっとMTX80エンジン組立て完了です。
      早くエンジン載せて走りてー
      作業後

       


      作業前

      MTX80エンジン1
      | MTX80 | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      MTX80エンジンOH 7
      0
        JUGEMテーマ:バイクメンテ

        メカニカルシールもあわせて交換しました。
        古いメカニカルシールをベアリングを外して裏側よりソケットコマを使って打ち抜く。




        まず、オイルシールをケースに取りつけ、ベアリングを打ち込み。
        表側よりメカニカルシールソケットコマにて慎重に打ち込む。

         
        | MTX80 | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        MTX80エンジンOH 6
        0
          JUGEMテーマ:バイクメンテ

          ようやく組立作業に取り掛かります。
          クランクケース・シリンダー・シリンダーヘッド・クラッチカバーブラスト・洗浄作業
          ベアリング・オイルシール交換
           

          クラッチセンターにNSRと違いカラーが入らずに径は小さい




          ロックナットではなくクリップ止めとなっている。




          クランクギアとバランサーギアの合いマークをあわせる。




          あとはクラッチカバーを取付けるだけ。

          | MTX80 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          サンドブラスト作業
          0
            JUGEMテーマ:バイクメンテ

            クラッチカバーをガラスビーズでサンドブラストしてみました。

            作業前
             

            作業後



            ピカピカになりました。

            ついでにキャブレターもブラストしてみました



            素材がアルミの場合はガラスビーズでピカピカになりますので病みつきになります。
            ただし、マスキングをしっかりしていないとかなりのメディアが入り込んでしまいます。
            あとで洗浄が大変です。
            | MTX80 | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            MTX80エンジンOH 5
            0
              JUGEMテーマ:バイクメンテ

              今日は組立て前のクランクケースのバリ取りと合わせ面の点検修正をしました。

               ケースバリ取り

              ねじ山はすべてタップで軽くさらいました。
              発注していた純正パーツ・ベアリングも届きましたのであとすべて洗浄して
              いよいよ組立てに入ります。

              スタッドボルト
              | MTX80 | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              MTX80エンジンOH 4
              0
                JUGEMテーマ:バイクメンテ

                クランクの芯だしに挑戦してみます。
                定番の上に検芯台・マイクロメーターをセットして測定してみます。
                目で見て判るほど振れています。
                左 0.15 右0.04  1回転の数値です。

                クランク芯だし1

                クランクの芯だし方法についていろいろ調べましたが測定方法については
                結構掲載されていますが修正方法についてはいまいち良くわかりません。
                大きな銅ハンマーでガツンと一発叩こうとしましたが大きな銅ハンマーが高価なので
                あきらめてガレージにあった石頭で当て物をしてガツンとやりました。

                クランク芯だし2

                やはり破損したベアリング側が大きく振れていました。
                測定箇所はマニュアルに記載されている場所とは違いますが
                左 0.07  右 0.01 まで修正しました。
                本当は0を目指したかったのですがここらで妥協しました。

                クランク芯だし3 
                | MTX80 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                MTX80エンジンOH 3
                0
                  JUGEMテーマ:バイクメンテ

                  破損していたクランクベアリングを取り外して点検します。
                  ベアリングプーラーでいつもならスルッと外れるのですが結構硬かったので
                  CRCを吹いて温めてからコキッと外れました。

                  クランクベアリング

                  しかし、結構なヘコミキズが入ってしまいました。
                  ペーパーでバリを取る感じで軽く磨いてマザーグースで磨きました。
                  やはり、破損したベアリングの場合は無理に引き抜かずにサンダーで
                  ベアリングに切込みを入れて割ってしまったほうがジャーナルにストレスが
                  掛からずに良いかも。
                  本当はこんなクランクシャフトは再利用せずに交換がベストですね。

                  クランクジャーナル


                  | MTX80 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  MTX80エンジンOH 2
                  0
                    JUGEMテーマ:バイクメンテ

                    問題のクランクベアリングの確認
                    見事に逝っちゃってますねー

                    クランクベアリング破損


                    クランクケースのベアリング側面部分は破損したベアリングによって叩かれた様な
                    跡がありますが再利用できそうです。

                    クランクケース左側

                    ベアリングも全て交換しますので外します。
                    クランクケースをストーブの上に置いておくと熱膨張によってストンと落ちてきます。
                    それでも落ちてこない場合のみベアリングプーラーを使用します。

                    ケースベアリング
                    | MTX80 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    MTX80エンジンOH 1
                    0
                      JUGEMテーマ:バイクメンテ

                      東日本大震災により被災、お亡くなりになられた方々にはこころより
                      ご冥福とお見舞いを申し上げます。

                      前回よりご無沙汰の更新です。
                      以前にヤフオクにてクランクベアリング破損のジャンクエンジンとして落札。
                      ガレージの中はこんなものばかり落札しては手付かずで転がっています。
                      このエンジンはサーキットでのお遊び用に組みたいと思います。

                      MTX80エンジン1


                      まずは汚い外観をパーツクリーナーでオイル・ドロを落としていきます。

                      MTX80エンジン2

                      サーモスタットカバーは前オーナーがプライヤーで格闘した跡が残っています。
                      温めながら大型レンチでやっと外れましたがねじ山が両方ともナメていました。
                      あとはサクサクとばらしていきます。

                      サーモスタットカバー

                      | MTX80 | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/1PAGES |